赤本の使い方-大学の基本情報

大学の基本情報は学部・学科名のみ

赤本には、まず最初に大学の基本情報が記載されています。ここでは、大学の学部・学科の構成が簡単にまとめられています。また大学院に関する内容も少し触れられています。

 

ただ、赤本に書かれていることは最低限の内容なので、より詳しい大学情報を知りたい方は、直接、大学のホームページで確認しましょう。ホームページには、大学の各研究室にどんな講師陣がいて、どんな学問・研究がなされているかが詳しく記載されています。研究室によってはブログを公開しているところもありますので、そうしたものを読むと研究室の様子がよくわかります。

 

高校生の段階で「大学でどのような学問・研究をしてみたいか?」ということまでは考えられないかもしれませんが、将来の自分の姿をイメージするためにも積極的に活用しましょう。

 

 

大学所在地と写真を活用

また、赤本には大学所在地と写真が掲載されていますが、どうしても入りたい大学があれば、現地に行って写真を撮り、その写真を机の前に貼って勉強に対するモチベーションを高めるという方法も使えます。ただ漠然と勉強を続けているだけだと、どうしてもやる気が起きないこともあります。そうしたときには、実際に大学に行ってみて、気持ちを高めることも一つの方法です。

 

よく、「やる気が起きないので勉強が進まない」ということを口にする受験生がいますが、その時にどのような行動を取るかで成否が分かれることになります。あなたは、やる気が起きるのをひたすら待つタイプでしょうか? それとも、やる気が起きるように何か工夫をするタイプでしょうか? 当然ながら、棚からぼたもちのように、空から突然「やる気」が降ってくることはありません。あくまで、やる気を出すための工夫を自ら生み出すことができた受験生こそが合格を掴み取ることになるのです。

 

注目情報


<大学パンフレットのご案内!>

大学・専門学校の願書・パンフレットが
まとめて請求できる【マイナビ進学】です。

キャンペーン対象校5校以上の請求で
500円分図書カードが全員にプレゼント!
(※12月31日まで)




⇒ 高校生のための進学情報【マイナビ進学】