赤本の使い方-購入時期

「赤本」購入は、遅くとも高校3年の夏休み頃までに

受験生たちの中には、センター試験が終わった1月~2月頃に赤本を購入して、実力試しを兼ねた2次試験対策をしている方が多いようです。しかし、これでは赤本の価値が十分活かされません。赤本を購入する時期は、自分の行きたい大学がある程度決まった段階がベストです。なので、それが高校1年であっても2年であっても構いません。だた、遅くとも高校3年の夏休み頃までには手に入れておくできでしょう。

 

と言うのも、赤本を使う目的は単なる実力試しではなく、入試問題の出題傾向を分析し試験対策を立てるためにあるからです。受験直前になって購入し、実力試しに使ったとしても、その段階で敗北してしまえば、“もう時既に遅し”という雰囲気になってしまいます。

 

各大学によって入試の出題傾向はほぼ決まっています。いくら一般模試で良い成績を取っていたとしても、受験する大学の出題傾向の問題が解けなければ合格できません。逆に言えば、普段の模試の成績がいくら悪くても、受験する大学の出題傾向を抑えた問題が解けるようになっていれば合格するわけです。そうした事情を踏まえると、どうしても早めに赤本を購入し、出題傾向に合わせた受験勉強を行う必要があるのです。

 

勿論、早めに購入した場合、まだ学校で習っていない問題も多数あるでしょう。しかし、それでも構いません。この大学ではこの分野が出題されやすいということを知った上で学ぶと、より真剣に取り組むことになるので、それはそれで得るところがあります。また、時期によっては、最新の赤本が発刊されていないこともあります。そんな時は、とりあえず前々年の分でも良いので購入しておきましょう。